このブログを検索

2018年1月4日木曜日

Rick Nelson - It’s up to you

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

早速、洋楽和訳のコーナーです。

今日の洋楽

今日はリック・ネルソンで、イッツ・アップ・トゥ・ユーです。




ジェリー・フラー作曲です。1962年のシングルでホット100で6位を記録しました。また、同年発売の同名アルバム収録曲です。

「恋はフェニックス」のグレン・キャンベルは、前にも書きましたが、この頃はセッションミュージシャンもやっていまして、この歌ではギターとバックボーカルを担当しています。

また、この歌のバックボーカルには、作者ジェリー・フラーに、元チャンプスのデイヴ・バージェスが担当してます。

ビリー・J・クレイマー、シルヴィ・バルタンにカバーされています。

では和訳です。

It's up (it's up) to you

Because I've done everything I can

I hope (I hope) that you (that you)

Will say that I'm your lovin' man

Make up (Make up) your mind (your mind)

And do what you're gonna do

Well you know how I feel

So I'm leaving it up to you (up to you)


それは君次第だよ、

僕が出来ることは全部した。

君が、僕の事を彼氏だって、

言ってくれるといいな。

心を決めておくれ、

そして君がしたい事をするんだ。

僕がどんな気持ちが分かるだろ。

君に全部託すよ。


It's all (It's all) so clear (so clear)

That I would give everything I own

To have (To have) you near (you near)

Never leave me all alone

I need (I need) your love (your love)

So, darling, please be fair

Let me know where I stand

And I hope that you say you care


もう明らかなんだよ、

僕が持ってるもの全部あげるのは。

君が近くにいてほしいんだ、

僕を一人にしないでよ。

君の愛が欲しいんだ。

だから差別しないで。

僕の居場所を教えてよ、

僕の事心配してるって言ってほしいよ。


Well I've laid my cards on the table

And it's oh so plain to see

That I'm ready, willing and able

To love you faithfully


僕はカードをテーブルの上に全部置いた。

はっきりしているんだ。

僕は準備万端なんだよ、

君を忠実に愛する事に。


It's up (It's up) to you (to you)

No, it's not for me to say

You love (You love) me too (me too)

Oh, but I hope you feel that way

Make up (Make up) your mind (your mind)

And do what you're gonna do

Well you know how I feel

So I'm leaving it up to you


それは君次第だよ、

いや、これは僕が言うべきじゃない。

君も僕を愛してるんだ。

でもこの気持ち分かってくれるといいな。

心を決めておくれ、

そして君がしたい事をするんだ。

僕がどんな気持ちが分かるだろ。

君に全部託すよ。


Make up (Make up) your mind (your mind)

And do what you're gonna do

Well you know how I feel

So I'm leaving it up to you


心を決めておくれ、

そして君がしたい事をするんだ。

僕がどんな気持ちが分かるだろ。

君に全部託すよ。


こんな感じです。

俺といるのかいないのか、ハッキリしてくれよ、という歌です。

今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエストございましたらコメントくださいませ。

ではまた。

0 件のコメント: