このブログを検索

2018年1月7日日曜日

The Rolling Stones - Tumbling dice

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

今日は歌い始め、という事で、カラオケに行って参りました。笑

今回紹介する歌はストーンズの歌ですが、最近カラオケでストーンズを歌うときは必ず歌ったり、ドライブで必ずかけるCDでこの歌をリピート再生したり、ドライブでかけると音量を上げたりして、ものすごくハマっている歌です。

今日の洋楽

今日はローリング・ストーンズで、ダイスを転がせという歌です。



今回はライブの動画もご覧ください。



ミック・ジャガー、キース・リチャーズ作曲です。1972年のシングルで、イギリスのチャートで5位を記録しています。また、同年発売のアルバム『メインストリートのならず者』収録曲です。

最近初めて聞いたストーンズの曲です。ゆったりとしたテンポが心地よい歌ですが、シンプルにカッコいい歌です。

では和訳です。

Women think I'm tasty, 
But they're always tryin' to waste me
And make me burn the candle right down,
But baby, baby, I don't need no jewels in my crown.

女どもは、俺が美味そうだと思ってる。
俺をこき使おうとしている。
ロウソクを消させてやろうとしてる。
ベイビー、俺は王冠の宝石なんていらないぜ。

'Cause all you women
Is low down gamblers,
Cheatin' like I don't know how,
But baby, baby, there's fever in the funk house now.

女どもはみんな、
みみっちい博打打ちさ、
俺が知らないやり方でインチキをする。
ベイビー、ファンク・ハウスの中は熱くなってきてるぜ。

This low down bitchin' 
Got my poor feet a itchin',
Dont you know the deuce is still wild.
Baby, I can't stay, you got to roll me
And call me the tumblin' dice.

こんな最低なあばずれ女、
俺の足をムズムズさせる。
サイコロの2の目はまだワイルドだぜ。
ベイビー、ここにはいられないぜ。
俺を転がしてくれよ、
俺を転がるサイコロとでも呼べば良い。

Always in a hurry, 
I never stop to worry,
Don't you see the time flashin' by.
Honey, got no money,
I'm all sixes and sevens and nines.

いつも急かされる。
心配する時間すらない。
時間なんてあっという間に無くなるもんだぜ。
ハニー、金が無くなっちまった。
俺は混乱しちまってる。

Say now, baby, I'm the rank outsider,
You can be my partner in crime.
But baby, I can't stay,
You got to roll me and call me the tumblin',
Roll me and call me the tumblin' dice.

ベイビー、俺は門外漢。
俺といるのは犯罪なんだぜ。
ベイビー、俺はここにはいられないぜ。
俺を転がしてくれよ、
俺を転がるサイコロとでも呼べば良い。

Oh, my, my, my, I'm the lone crap shooter,
Playin' the field ev'ry night.
Baby, can't stay,
You got to roll me and call me the tumblin' (dice),
Roll me and call me the tumblin' (Got to roll me.) dice.
Got to roll me. Got to roll me.

俺は寂しいクラップシューター、
毎晩ここでやってるんだ。
ベイビー、ここにはいられないぜ。
俺を転がしてくれよ。
俺を転がるサイコロとでも呼べば良い。

こんな感じです。

博打打ちの日常を歌った、ストーンズらしい歌です。意味を知らなくても十分ハマると思います。

今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエストございましたら、コメントくださいませ。

ではまた。

0 件のコメント: