このブログを検索

2018年5月17日木曜日

Bill Haley - R-O-C-K

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

歌手の西城秀樹さんの訃報をラジオで聞いてショックを受けました。

「ギャランドゥ」や「ヤングマン」「傷だらけのローラ」など大ヒットを記録していますが、私の記憶に大きいのはちびまる子ちゃんのエンディング「走れ正直者」です。

近年は脳梗塞を患い、闘病とリハビリに励んでいたのを聞きましたが、亡くなられてしまい、非常に残念です。

西城秀樹さんのご冥福をお祈りします。

では、洋楽和訳のコーナーです。

今日の洋楽

今日はビル・ヘイリーでR-O-C-Kです。



ビル・ヘイリー、ラスティ・キーファー、ルース・キーファー作曲です。1956年のシングルで、ホット100で16位、R&Bチャートで15位を記録しました。

同年公開の映画『ロック・アラウンド・ザ・クロック』に収録されました。

この歌も多少の言葉遊びがありますので、あまり真剣に考えずに和訳してみました。

では和訳です。

R-O-C-K, R-O-C-K, rock


Take an R from an eight to the bar aviator

O from the tone of the sax indicator

C from the key of the six-strings heater

K from the kick of the rim shot beater

That's how they made it, that's how they played it, 

R-O-C-K, rock


バーの操縦士からRを取って、

サックスの指示器のトーンからOを取って、

6弦のヒーターのキーからCを取って、

リムショットのビーターからKを取れば、

それが出来るんだ、そうやって演奏されるんだ。


I know my A's, and my B's, and my C'sies

P's and my Q's and my X, W, Z'sies

Know how to lose all the blue, blue, blues'sies

Jump in a pair of my dancing shoesis

Date with my baby, rock with my baby, 

R-O-C-K, rock


僕のABCは知ってる。

PQや、XYZも。

このブルースを取り去る方法も知ってるさ。

僕のダンスシューズに飛び乗ったら、

あの娘とデート、あの娘とロックするのさ。


Oh, Strauss discovered waltzing

The Handy man found the blues

And Haley came along with the rocking song

Crazy man, crazy, crazy news


シュトラウスはワルツを発見して、

ハンディ・マンはブルースを見つけた。

ヘイリーがロックを引っさげてやって来た。

クレイジーだぜ、クレイジーなニュースだぜ。


R you a cat, hear the band, it's a moving

O more than that, it's a go, go, grooving

C what I mean its a hot time action

K like a kiss is a cool attraction

Ooh it'll getcha, I'm gonna betcha, 

R-O-C-K, rock


ジャズ狂なら、バンドの演奏を聴きなよ。

動いてる以上に、グルーヴしてるよ。

僕の言った事分かったでしょ、熱い時のアクションなんだよ。

キスみたいなKは、クールなアトラクションだよ。

君もすぐにハマるよ、賭けても良いよ。


こんな感じです。


ロックの誕生を歌った歌です。


今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエスト・感想ございましたらコメントくださいませ。


ではまた。

0 件のコメント: