このブログを検索

2018年4月23日月曜日

Brenda Lee - If you love me (really love me)

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

早速、洋楽和訳のコーナーです。

今日の洋楽

今日はベランダ、じゃなかった。笑 ブレンダ・リーでイフ・ユー・ラヴ・ミーです。失礼致しました。




エディット・ピアフ、マルグリット・モノー作曲です。1961年のアルバム『エモーションズ』収録曲です。

原曲はお馴染み、エディット・ピアフの「愛の讃歌」です。

エディット・ピアフは20世紀、フランスを代表するシャンソン歌手です。

この歌はフランスのボクサー、マルセル・セルダンとの大恋愛を歌った歌です。エディットがステージで歌っていると、マルセルが「どうして悲しい歌を歌っているんだい?」と聞くと「どうして殴るの?」と聞き返して、二人は関係を持ち始めます。

1949年にジェイク・ラモッタとの再戦でアメリカに飛行機で向かっていたマルセル・セルダンは、途中、飛行機が墜落して、帰らぬ人となりました。

マレーネ・ディートリッヒと一緒に、マルセルを空港で迎える予定でしたが、マレーネからマルセル死亡の報せを受けたエディットは強い悲しみに襲われました。ニューヨークでのコンサートを控え、この日「愛の讃歌」を歌う予定だったエディットは、マレーネから「貴方が死ねば私も死ぬ」という歌詞があったため、歌うのはよそう、と言いましたが、エディットはこの歌をコンサートで披露しました。

「愛の讃歌」はマルセルが死んだ時に作られた歌、という説がありますが、このような経緯から、その説は否定される事になります。

「愛の讃歌」の英語詞はジェフリー・パーソンズによって書かれました。1954年にケイ・スター、1959年にシャーリー・バッシーが発表しています。

では和訳です。

If the sun should tumble from the skies 

If the sea should suddenly run dry

If you love me, really love me 

Let it happen, I won't care


もし太陽が空から沈んでいなくなるなら、

もし海が突然乾いてしまったら、

もし貴方が私を本当に愛してるなら、

そうさせておきましょう、私は構わないから。


If it seems that everything is lost 

I will smile and never count the cost

If you love me, really love me 

Let it happen, darling, I won't care


もし全てが失われてしまうなら、

失う価値も気にしないで、私は微笑むわ。

もし貴方が私を本当に愛してるなら、

そうさせておきましょう、私は構わないから。


Shall I catch a shooting star 

Shall I bring it where you are 

If you want me to, I will


流れ星を掴んで良いかしら?

貴方のいる所に届けて良いかしら?

貴方がして欲しいなら、そうするわ。


You can let me any test 

I'll do anything you ask 

If you only say you love me still


どんな試練でも受けて立つわ、

貴方が私だけを愛してるって言うなら、

私はどんな事でもするわ。


When at last the life on earth is through 

I will share each other tear with you

If you love me, really love me 

Let it happen, I won't care


最後に、この地球での命が枯れ果てるなら、

私は貴方と一緒に涙を流すわ。

もし貴方が私を本当に愛してるなら、

そうさせておきましょう、私は構わないから。


If you love me, really love me 

Let it happen, I won't care


もし貴方が私を本当に愛してるなら、

そうさせておきましょう、私は構わないから。


こんな感じです。

今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエスト・感想ございましたらコメントくださいませ。

ではまた。

0 件のコメント: