このブログを検索

2018年5月6日日曜日

Bill Haley - Birth of the boogie

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

早速、洋楽和訳のコーナーです。

今日の洋楽

今日はビル・ヘイリーでバース・オブ・ザ・ブギーです。



コメッツのメンバー、ビル・ヘイリー、ビリー・ウィリアムソン、ジョニー・グランド作曲です。1955年のシングルで、ホット100で17位を記録しました。

ドラムがアフリカをイメージさせる歌です。ブギーというと明るいジャズみたいな感じですが、終始アフリカンな感じです。

では和訳です。

Boogie, boogie woogie

The boogie woogie woogie beat


Down in Africa, many years ago

There lived a little fellow named Zulu Joe

He took his tom-tom, a great big stick

And that was the birth of the boogie lick


大昔のアフリカで、

ズールー・ジョーという男が住んでいた。

タムタムを持って、大きな撥を取り出した。

それがブギーのリックの誕生だったのさ。


Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

The boogie woogie woogie beat


Then Joe got hip and he started to sing

The animals flipped and began to swing

Monkey, elephant, kangaroo

They all picked up on the boogie, too


ジョーは流行に乗って歌い始めた。

動物たちはバタバタしてスイングし始めた。

猿に象にカンガルー、

みんなブギーのビートに乗り始めたのさ。


Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

The boogie woogie woogie beat


Well, the animals a-boogied all over the place

The rabbit spit in the bulldog's face

Joe kept the beat until the early mom

And that's when the boogie woogie was born


動物たちはそこら中でブギーしていた。

ブルドッグの顔にウサギが唾を吐いた。

ジョーは朝までビートをキープし続けた。

そうしてブギーが生まれたのさ。


Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

Birth of the boogie

The boogie woogie woogie beat


こんな感じです。


今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエスト・感想ございましたらコメントくださいませ。


ではまた。

0 件のコメント: