このブログを検索

2018年4月15日日曜日

The Byrds - I’ll feel a whole lot better

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

早速、洋楽和訳のコーナーです。

今日の洋楽

今日はザ・バーズで「すっきりしたぜ」です。



ジーン・クラーク作曲です。1965年のシングル「オール・アイ・リアリー・ウォント・トゥ・ドゥ」のB面曲です。

冒頭のギターリフは、サーチャーズでもお馴染み「ピンと針」からとられています。バーズのメンバー、ジーン・クラークの実体験から作られています。

ドン・ニックスやトム・ペティがカバーしています。

では和訳です。

The reason why, Oh I can say

I have to let you go, and right away

After what you did, I can't stay on

And I'll probably feel a whole lot better

When you're gone


俺の口から理由は話せるぜ。

今すぐ君と別れたい。

君のやった事、俺は耐えられない。

君がいなくなれば、

俺は多分スッキリすると思うぜ。


Baby for a long time, you had me believe

That your love was all mine, and that's the way it would be

But I didn't know, that you were putting me on

And I'll probably feel a whole lot better

When you're gone


君は長い間、俺が信じるように仕向けたんだ、

君の愛は俺のもの、これからもずっとだって。

でも俺は知らなかった、俺は君にかつがれてたって。

君がいなくなれば、

俺は多分スッキリすると思うぜ。


Now I've got to say, that it's not like before

And I'm not gonna play, your games anymore

After what you did, I can't stay on

And I'll probably feel a whole lot better

When you're gone

Oh when you're gone

Oh when you're gone

Oh when you're gone


もう昔と同じじゃないって言わなきゃ。

君のゲームにはもう付け合ってられない。

君のやった事、俺は耐えられない。

君がいなくなれば、

俺は多分スッキリすると思うぜ。

君がいなくなれば。

君がいなくなれば。

君がいなくなれば。


こんな感じです。

今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエスト・感想ございましたらコメントくださいませ。

ではまた。

0 件のコメント: