このブログを検索

2018年4月3日火曜日

Arthur Alexander - Go home, girl

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

早速、洋楽和訳のコーナーです。

今日の洋楽

今日はアーサー・アレキサンダーでゴー・ホーム・ガールです。



アーサー・アレキサンダー作曲です。1962年のシングルですが、チャートインしませんでした。

リズムは前のシングル「アンナ」とほぼ同じです。

デイヴ・ベリーやライ・クーダーがカバーしました。

では和訳です。

Well now, me and Frank, we're the best of friends

And our friendship will never end

But it would hurt him so for him to know

That I love his girlfriend

Now, the love of a girl and the love of a friend

Are two things you can't compare

So, my heart will ache but I will let it break

'Cause I know it just ain't fair


俺とフランクは、親友だった。

俺たちの関係は終わらないと思ってた。

でも知ったら傷つく事があった、

それは俺があいつの彼女を愛してた事さ。

この女の子の愛と、友達の愛は、

比較できないものさ。

俺は傷つくだろうけど、別れるさ、

こんなの公平じゃない。


Go on home, girl, let's call it a night

Go on home, girl, this just ain't right

But before you go I want you to know

That I love you, yes I do

Well, my heart will ache but I will let it break

'Cause I know Frank loves you too


帰れよ、もう終わりにしようぜ。

帰れよ、こんなの正しくないぜ。

でも行く前にこれだけは知っててくれ、

俺はお前を愛してた、本当さ。

俺は傷つくだろうけど、別れるさ、

フランクもお前を愛してるから。


Well, you say that we can make him see

We have a love that's really real

But I think that he is just like me

And I don't know just how he'd feel

But darling, I do know it would hurt him so

If you told him that it must end

And I could never hold a love I stole

From a man I call my best friend


君は「彼に見せつけてやれば良いのよ、

あたし達の愛が本物だって」って言うけど、

でもあいつは俺と同じさ、

そんなのあいつが何て思うか分からない。

お前がフランクに「終わりよ」って言ったら、

あいつは傷つくぜ。

俺は親友と呼ぶやつの愛を、

奪うなんて出来ないぜ。


So, go on home, girl, let's call it a night

Go on home, girl, this just ain't right

Go on home, go on home

You know I love you but he does too

And you belong to him, yes you do


帰れよ、もう終わりにしようぜ。

帰れよ、こんなの正しくないぜ。

帰れよ、

俺はお前を愛してる、でもあいつも同じさ。

お前はフランクの彼女、そうだろ。


Go on home, go on home

Go on home, baby, please

You better go right now, honey please


帰れよ。

頼む、帰ってくれ。

行った方が良いぜ。


こんな感じです。

親友の彼女に迫られるも、親友のためにと思い留まる男の歌です。

今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエスト・感想ございましたらコメントくださいませ。

ではまた。

0 件のコメント:

コメントを投稿