このブログを検索

2018年4月29日日曜日

Bob Dylan - A hard rain’s a-gonna fall

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

昨日からゴールデンウィークでございます。

今日は車で柏・大津ヶ丘のブックオフに行っていました。

やはりゴールデンウィーク、途中で渋滞に巻き込まれました。普段通らない道を通ったんですが、平日だったら混まないであろう所が混んでいました。踏切のせいでもあるんですが、かなり混んでいました。

渋滞って参っちゃいますね。

では、洋楽和訳のコーナーです。今日の和訳は長いですよ。

今日の洋楽

今日はボブ・ディランで「激しい雨が降る」です。



ボブ・ディラン作曲です。1963年のアルバム『フリーウィーリン・ボブ・ディラン』収録曲です。

「可愛い私の青い瞳の息子」にどこにいて、何を見て、何を聞いて、誰に会って、これからどうするのかを問いかけ、自らの回答を答えている歌です。

1962年の「キューバ危機」を取り上げた歌だといわれています。これは、ソ連軍が密かにキューバに核ミサイル基地建造を進めていたところをアメリカに発見され、米・ソで対立が起こり、全面核戦争寸前までいった危機的状況です。ボブ・ディランはこの先の人生長くないと見て、この事件をテーマに歌詞を詰め込んで完成させたといいます。

「激しい雨」は核ミサイルや放射能の事を歌ったわけではない、と話しています。

1976年のローリング・サンダー・レヴューのライブを収録したアルバム『激しい雨』は、収録した日が激しい雨に見舞われ、観客が傘や合羽を使わざるを得ない状況になった事から、アルバムのタイトルになったそうです。ただ、『Hard Rain』と名付けられながら、肝心の『A hard rain’s a-gonna fall』が収録されていないのはどういう風の吹きまわしなんだろう、と思います。

ジョーン・バエズやブライアン・フェリー、ナナ・ムスクーリ、ステイプル・シンガースがカバーしています。

では和訳です。長いから心して見てください。

Oh, where have you been, my blue-eyed son?

And where have you been my darling young one?


どこにいたんだ、青い瞳の息子?

どこにいたんだ、私の愛しい子?


I've stumbled on the side of twelve misty mountains

I've walked and I've crawled on six crooked highways

I've stepped in the middle of seven sad forests

I've been out in front of a dozen dead oceans

I've been ten thousand miles in the mouth of a graveyard


私は12の霧の山の中腹で躓いた。

6つの曲がりくねった高速道路をぶらぶら歩いた。

7つの悲しい森の中に踏み込んだ。

12の死んだ海の前に立っていた。

10000マイル歩いて、墓地の入口にたどり着いた。


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, and it's a hard

It's a hard rain's a-gonna fall


そして激しい、そうさ激しい、

激しい雨が降りそうだ。


Oh, what did you see, my blue eyed son?

And what did you see, my darling young one?


何を見てきた、青い瞳の息子?

何を見てきた、私の愛しい子?


I saw a newborn baby with wild wolves all around it

I saw a highway of diamonds with nobody on it

I saw a black branch with blood that kept drippin'

I saw a room full of men with their hammers a-bleedin'

I saw a white ladder all covered with water

I saw ten thousand talkers whose tongues were all broken

I saw guns and sharp swords in the hands of young children


私は見た、新生児に群がる野生の狼を。

高速道路のダイヤモンドに誰もいなかった事を。

血がしたたる黒い枝を。

部屋一杯の男の金槌の血の流れる様を。

すっかり水を被った白い梯子を。

舌のおかしい10000人の話す様を。

若い子供が銃や剣を持たされているのを。


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, and it's a hard

It's a hard rain's a-gonna fall


そして激しい、そうさ激しい、

激しい雨が降りそうだ。


And what did you hear, my blue-eyed son?

And what did you hear, my darling young one?


何を聞いてきた、青い瞳の息子?

何を聞いてきた、私の愛しい子?


I heard the sound of a thunder that roared out a warnin'

I heard the roar of a wave that could drown the whole world

I heard one hundred drummers whose hands were a-blazin'

I heard ten thousand whisperin' and nobody listenin'

I heard one person starve, I heard many people laughin'

Heard the song of a poet who died in the gutter

Heard the sound of a clown who cried in the alley


私は聞いた、危険を知らせる雷を。

世界を飲み込む、うねる波の音を。

手が燃えている、100人の太鼓打ちの太鼓を。

誰も耳を傾けぬ、10000の囁きを。

1人が飢え、沢山の人が笑うのを。

貧しくて死んだ、詩人の詩を。

裏の道で泣く、道化師の泣き声を。


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall


そして激しい、そうさ激しい、

激しい雨が降りそうだ。


Oh, what did you meet my blue-eyed son ?

Who did you meet, my darling young one?


誰に会ってきた、青い瞳の息子?

誰に会ってきた、私の愛しい子?


I met a young child beside a dead pony

I met a white man who walked a black dog

I met a young woman whose body was burning

I met a young girl, she gave me a rainbow

I met one man who was wounded in love

I met another man who was wounded in hatred


私は会ってきた、死んだ子馬に寄り添う子供に。

黒い犬を連れた白人に。

体が燃えている若い女性に。

私に虹をくれた若い女の子に。

愛に苦しむ1人の男に。

憎しみに苦しむもう1人の男に。


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall


そして激しい、そうさ激しい、

激しい雨が降りそうだ。


And what'll you do now, my blue-eyed son?

And what'll you do now my darling young one?


何をするつもりだ、青い瞳の息子?

何をするつもりだ、私の愛しい子?


I'm a-goin' back out 'fore the rain starts a-fallin'

I'll walk to the depths of the deepest black forest

Where the people are a many and their hands are all empty

Where the pellets of poison are flooding their waters

Where the home in the valley meets the damp dirty prison

And the executioner's face is always well hidden

Where hunger is ugly, where souls are forgotten

Where black is the color, where none is the number

And I'll tell and speak it and think it and breathe it

And reflect from the mountain so all souls can see it

And I'll stand on the ocean until I start sinkin'

But I'll know my song well before I start singing


雨が降る前に、また外に出るつもりだ。

深い黒い森の中を深く進んで行くつもりだ。

手の空いた沢山の人々のいる所を、

毒の銃弾が洪水を引き起こした所を、

谷間の家が刑務所になった所を、

死刑執行人の顔がいつも隠れている所を、

飢餓が醜く、魂が忘れ去られた所を、

黒一色の世界を、0の世界を。

私は話して、考えて、そこで呼吸をするつもりだ。

そして山の上で、全ての魂が見える方法はあるのか考えるつもりだ。

沈む前に、海の中で立つつもりだ。

でも私の歌を良く知ってるから歌う必要も無い。


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, and it's a hard

It's a hard rain's a-gonna fall


そして激しい、そうさ激しい、

激しい雨が降りそうだ。


こんな感じです。

今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエスト・感想ございましたらコメントくださいませ。

ではまた。

0 件のコメント: