このブログを検索

2017年12月17日日曜日

P. P. Arnold - The Time has come

こんばんは、古い音楽をお届けする音楽文章ラジオのお時間がやって参りました。進行は、名久井翔太です。どうぞよろしく。

ヤフオク!で色んな品々を見ておりましたら、大変な事が起きていました。

バディ ホリイ 新婚のペギー スー DC 1082 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d261379027

バディ・ホリーのシングル盤がヤフオク!で出品されていました。

そもそもバディが活動していた1957年から1959年の間はおろか、飛行機事故で亡くなって以降の数年の間、日本でバディのシングル盤が出ていたのは聞いた事がありませんでした。

バディ・ホリー自体、エルヴィスやリトル・リチャード、チャック・ベリーに比べると日本での知名度はほぼないと言っても過言ではないです。

それが、「ペギー・スーの結婚」のシングルが、リアルタイムなのか死んでから発売されたのかは不明ですが、おそらく60年代、日本で発売されたと思われます。第1はそこにびっくりしました。

そしてもう一つびっくりしたのがその値段ですよ。上のURLをクリックしていただけるとおそらくそのページに飛びますが、なんと100万円という途轍もなく高額な値段がつけられています。100万ですよ100万

洋邦問わずオールディーズのドーナツ盤だって、それこそ状態によって様々ですが、安いものはべらぼうに安いですよ。ハードオフで見たタイガースの「花の首飾り」は300円弱で売られていましたし、ジャンクコーナーで見たやつは1枚税込価格で54円ですよ。

それが、バディ・ホリーのシングル盤が100万ですよ。大事なことなので4回も言いましたが、信じられますか?

プレミアなのはプレミアですが、あまりにも知名度がないにもかかわらず発売されていたのもあってなのか、ものすごいプレミア価格がついたんだと思われます。

…買う人いるんでしょうか。笑 誰か買う人がいたら相当なコレクターか、マニアの方だと思われます。

というわけで、前半は100万円のドーナツ盤の話をしたところで、後半の洋楽和訳のコーナーに参ります。

今日の洋楽

今日はP. P. アーノルドで、ザ・タイム・ハズ・カムです。



ポール・コーダ作曲です。1967年のシングルで、イギリスのチャートで44位と中ヒットでした。

後にパティ・プラーヴォにカバーされています。

では和訳です。

We've turned the page

We're at the end

You're at the last and final bend

I know for sure and what is more

You should be glad the time has come


ページはめくられて、

私たちは終わりにいるわ。

あなたも最後のカーブを曲がろうとしてる。

私は知ったわ、もっと大切な事があるわ。

その時が来た事を、嬉しく思う時が来たのよ。


Standing in corners always being hidden

Sitting on the grass for us it is forbidden

The choir sings the organ plays

And you hope to be forgiven


角に立って、いつも隠れて生きて来た。

草の上に座ってた、それは許されない事だった、

聖歌隊が歌い、オルガンが鳴る。

あなたも許してもらおうとしていたわ。


The time has come for make believe

Let all the little things come true

It's in your mind, don't look behind

Because the shadows chasing you


この偽りの生活に、時が来たのよ。

小さな事から本物にしましょう。

それはあなたの心の中、振り返らないで。

影があなたを追いかけるから。


Standing in corners always being hidden

Sitting on the grass for us it is forbidden

The choir sings the organ plays

And you hope to be forgiven


角に立って、いつも隠れて生きて来た。

草の上に座ってた、それは許されない事だった、

聖歌隊が歌い、オルガンが鳴る。

あなたも許してもらおうとしていたわ。


The time has come to face the facts

It's no use trying to turn back

The time has come, come on and take your bow

Life's rehearsal, is for real


この真実に目を向ける時が来たのよ。

もう後戻り出来ないわ。

時が来たのよ、お辞儀をしましょう。

人生にリハーサルなんて無い、これは本番よ。


Standing in corners always being hidden

Sitting on the grass for us it is forbidden

The choir sings the organ plays

And you hope to be forgiven


角に立って、いつも隠れて生きて来た。

草の上に座ってた、それは許されない事だった、

聖歌隊が歌い、オルガンが鳴る。

あなたも許してもらおうとしていたわ。


こんな感じです。

どんなカップルにも大事な時が来るのよ、という歌です。

今日はこの辺でお時間です。洋楽和訳のリクエストございましたらコメントくださいませ。

ではまた。



0 件のコメント: